プロジェクトについて


ウラジオストクが創立したの1960年から、ウラジオストクは極東の前哨地であり、アジア太平洋地域に「門」になった。歴史的・建築的観点からいうと、都市の中央が一番興味深い場所である。このホームページに歴史のある建物や彫像や史跡について参考情報が記載されている。すべての場所は対話型地図に載ってある。クリックすると、その場所の写真と解説が見られる。

ウラジオストク市内にはQRコードが入っている特別な広告ビラが見られる。携帯電話を利用し、このようなコードを読み取り、近くにある史跡リストのページが開かれる。

2012年に、ウラジオストクはアジア太平洋経済協力会議(APEC)を行う地域となった。本会議は都市と観光の発展に刺激を与えると期待せれている。外国人の観光客のため、このページが四つの言語に訳された。

more

Officially:

Map